趣味を仕事に!サブカル系資格が大人気

趣味を仕事にいかす

サブカルチャーとは

アニメは、日本が世界に誇る文化となりました。 一大産業であるアニメ業界は今や若者の憧れの職業として注目されています。 手仕事からデジタル、CGによる制作が主流となり、仕事は多岐に渡っています。 職種によって必要な知識やスキルも異なります。 今や世界規模に広がっているアニメ産業は、ニーズも高まっています。

CGでアニメ・ゲームキャラクターを制作

近年、サブカルチャーという言葉を、よく目にします。
古くから受け継がれている文学、美術、音楽などのハイカルチャー、一般大衆に広く愛好される大衆文化とは異なり、マイナーな領域の分野を指します。
日本では、1980年代頃から雑誌などで頻繁に使われるようになりました。
この頃から、マンガ・アニメ・ゲームなどが人気を博していました。
ハイカルチャーのジャンルには収まらない、近年になって登場したジャンルの文化を指しています。
新しい文化のため、若者が中心となる場合も多く若者文化とも呼ばれています。
現在では、ハイカルチャーと同じ程度の影響力を持つようになってきました。
サブカルチャーの代表といえば、マンガ・アニメ・ゲーム・コスプレ・フィギュアになります。
電子機器のパソコンやパーツ、ラジオ、ロリータなどのファッションや古着、コント漫才などのお笑い、インディーズ系バンドの音楽、特撮ジオラマも当てはまります。
マンガやアニメなど日本のサブカルチャーは、国内外での高く評価され海外からも人気があり、インバウンド需要拡大の後押しとなっています。
サブカル系とサブカルチャーを熱心に愛するファンであるオタクは、趣味嗜好は似ています。
しかし、オタクは好きなテーマに対して深く追求し、他人の視線や流行には目もくれず突っ走りますが、サブカル系は広く浅く好みを示すという点では異なります。
サブカルチャー好きな人が、趣味をいかした仕事をするための資格にはどのような資格があるのでしょうか。

ゲームプランナーの仕事

ゲームプランナーは、企画を立案後、現場を指揮するプロデューサーなど画面のレイアウト、デザイン、ゲームルールなどを仕様書として作成していきます。 システム開発やグラフィックデザインなどのスキルや知識が必要となります。 自分のやりたい仕事に求められるスキルを習得するために資格取得を目指してみましょう。

専門知識を身につける

働くために必要な特別な資格はない職種であっても、最新の知識が必要になる場面は多くあります。 正しい専門知識に基づいて仕事をすることは、成長にもつながります。 さまざまな仕事において独特の世界観、高い感性を活かすために、資格取得は役立つのではないでしょうか。

TOPへ戻る