趣味を仕事に!サブカル系資格が大人気

趣味を仕事にいかす

>

サブカルチャーとは

グラフィックデザイン

キャラクターのデザイナーやクリエイターを目指している方に必要なスキルです。
Adobe社のIllustratorやPhotoshopのソフトは、身につけておきましょう。
「Illustrator(R)クリエイター能力認定試験」、「Photoshop(R)クリエイター能力認定試験」には、スタンダード・エキスパートの2種類あります。
アニメーション、コンポジットなどのCGデザイナーの資格として、CGクリエイター検定があります。
ベーシックでは、CGの歴史と特性、CG映像制作のワークフローや技術についての基礎知識、2次元・3次元CGの製作手順などを学びます。
エキスパートでは、3次元CG映像編集の製作や専門的な知識を学びます。

CGの効率化、作品の品質向上

CGクリエイター検定は、デザイナー、クリエイターなどCGでの映像表現を行うための検定ですが、CGエンジニアは、CG分野でプログラムやツールなどの技術面からCGの作成をサポートするため、開発・設計を行います。
アニメ・ゲーム・映画などの分野で活用することができます。
CGに関連するアプリケーションの開発やシステム開発の知識が必要となります。
ベーシックでは、CGの技術、プログラミングの基礎知識、エキスパートでは、システム開発、ソフトウェアやハードウェアの専門知識や応用力が求められます。
簡単な資格ではありませんが、CG技術の正しい理解と専門的知識があるという証明となります。
制作会社に所属する以外にも、SOHOスタイルで開業する人もいらっしゃいます。


TOPへ戻る