趣味を仕事に!サブカル系資格が大人気

趣味を仕事にいかす

>

ゲームプランナーの仕事

ゲームプログラミング

基本情報技術者試験は、サーバー、ネットワーク、データベースなどコンピュータの仕組み、システム開発などIT技術者としての基礎知識を学びます。
プログラミングスキルも必要となります。
ゲーム開発で使用される言語はそれぞれ異なりますが、C#、Java、C++、Swiftが開発するケースが多いようです。
Javaプログラミング能力認定試験は、Javaの概念や基礎知識やプログラミングのスキルを習得します。
マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)試験は、C#の基礎知識やプログラミングスキルを求められます。
ゲームエンジンは、Unreal EngineやUnityを用いて開発します。
そのため、Unity認定試験でアニメーション、アセット管理、プログラミングなどの知識と技術力を身につけましょう。

アニメーション制作

色彩検定は、文部省認定資格で、1~3級まであります。
キャラクターの彩色、色彩設定、背景の色彩選びなどは個人の感覚によるものではありあせん。
色の基礎から、配色技法を学び、実践的に活用していきます。
アニメーション実技試験は、課題から4~5秒程度のアニメーションを8時間で制作したものをCGプロダクション5社が審査します。
スコア、アドバイス、全国順位がフィードバックされます。
画像処理エンジニア検定は、画像処理に関する開発・設計に関する資格です。
画像をデータ処理をすることで鮮明な品質にしたり、アプリケーション開発や運用を行います。
ベーシックでは、画像処理の基礎知識・プログラミングですが、エキスパートは専門知識とシステムの開発に応用する能力が必要となります。


TOPへ戻る