趣味を仕事に!サブカル系資格が大人気

趣味を仕事にいかす

>

専門知識を身につける

映像・舞台の資格

映像音響処理技術者資格は、映像・音響関連業界でテレビ・CM・映画の撮影後の作業であるポストプロダクション(映像コンテンツの編集、CGの製作、音楽の編集、ナレーションや効果音)を行う技術や知識を学びます。
機材の特徴や役割や音響映像データの原理、保守管理や基礎的な技術用語の理解が必要となります。
専門学校生が受験する事が多く、ゼロから学ぶには難易度が高いようです。
舞台機構調整技能士は、劇場やコンサートホールで演劇などの音響装置の調整や取り扱い、舞台装置の取扱いなどの技能を学びます。
音響設備に携わるためには必要な資格といえます。
照明に関する専門知識をもつ照明士の資格と合わせて持っていると有利です。
演出家の指示に合わせた音響プランを作成し、装置を調整して操作します。
試験は実技と学科試験が行われます。

ファッションビジネスの資格

商品装飾展示技能検定は、国家資格のひとつで、商業施設で商品を売るために店づくりをすることを目的とした技能、知識です。
試験では、テーマに沿って商品プレゼンテーションを行います。
繊維製品品質管理士(TES)試験は、繊維製品の品質管理の資格です。
品質や性能の向上を図り、品質についてのクレームが出ないように、製品の製造や販売を行います。
ファッションビジネス能力検定は、マーケティング戦略、マーチャンダイジング戦略、流通戦略、マネジメント知識、ファッションビジネス知識といったファッションビジネスの専門知識を学びます。
ファッション販売能力検定は、実際店舗での販売スタッフや管理にあたる責任者の育成のための資格です。
ショップ・マネジメント知識、販売の知識・技術を学びます。


TOPへ戻る